害獣のイタチを撃退して被害を減らす!対策を考えよう

イタチによる被害は早めに食い止める「放置すると多くの被害発生」

イタチ被害の相談数が年々増える

日本全国にはイタチによる被害を訴えている人がたくさんおり、現在もイタチによる被害を受けている住宅があります。イタチは主に西日本に生息しているとされているため、西日本方面でイタチ被害を受けている人が多いです。被害は家庭によって異なりますが、どれも日常生活に支障が出たり迷惑となってしまうものばかりです。

イタチによる被害状況ランキング

no.1

排泄物

人間と同じくイタチも毎日食事を摂って排泄を繰り返しています。床下や屋根裏に潜んでいると、どこでも尿や便をまき散らしてしまうでしょう。イタチの尿や便の臭いはとても強烈だとされており、屋根裏でも臭いが部屋の中にまで伝ってくるといわれています。この場合はイタチを撃退するとともに屋根裏や床下を綺麗に掃除して汚れや臭いを除去しなければなりません。

no.2

寄生虫

イタチの身体には寄生虫がついており、免疫力の低い高齢者や子供にその寄生虫が乗り移ってしまうと重大な病気を引き起こしかねません。寄生虫は衛生面に良くなく、健康被害に繋がるため早めにイタチを撃退した方が良いといわれています。また寄生虫が食事の中に入り込むと、身体の中に入って繁殖してしまう恐れもあるのです。

no.3

騒音問題

人間とは違ってイタチは夜行性であることから、屋根裏に住み着いた場合は、寝ているときに歩いている音や走り回っている音など様々な音が響き渡ります。単独ならそれほどでもありませんが、赤ちゃんを作ってイタチの数が多ければ多いほど騒音の被害もひどくなってしまうでしょう。

no.4

断熱材の劣化

イタチは巣をつくるために断熱材などをかじってしまうことがあります。これは住宅の耐久性を著しく低下させてしまうことにも繋がるため、発見が遅れてしまうと手遅れになる可能性が高いです。害獣が入り込んだと感じたらすぐに業者へ点検をしてもらって断熱材に被害がないかを確かめましょう。

no.5

食害

人間の行動を観察しているイタチは、食べ物になりそうなものがあるとすぐに行動をします。生ごみなどを置いていると食い破って中のものを出してしまうこともあります。またペットを飼っている場合は、ペットの餌も飼い主の知らぬまにイタチが盗んでいる可能性もあるので要注意です。

害獣のイタチを撃退して被害を減らす!対策を考えよう

イタチ

繁殖

繁殖期になると単独行動をしているイタチは、巣をつくるために住宅に居座ることが多いです。住宅内は常温で寒暖差が激しくないことから、イタチにとってはとても住み心地が良いのです。一回の繁殖で最大8匹から10匹の赤ちゃんを産むといわれています。数が増えると更にイタチによる被害も増えてしまうでしょう。

イタチが住みやすい環境をつくらない

住宅にイタチが侵入しないようにするためには、イタチにとって住み心地の良い空間を作らないことが大切です。イタチはネズミなどを好むため、ネズミ退治をしてイタチの餌となるものが住宅にないよう認識させましょう。また、漂白剤などでイタチに不快感を与えればすぐに撃退することができます。

侵入口を塞いだ上で対処をする

イタチ駆除をする際はまず、イタチが住宅内に入ってこれないようにするため侵入経路を全て塞いでいきます。少しの隙間でもあればそこから侵入してしまうので、徹底的に塞ぐようにしましょう。薬を使用して近づけないようにしますが、それでも住宅に近寄る場合は捕獲をして山など本来住むべき場所に逃がしてくれます。