命の危険もあるから害獣や害虫には注意「慎重にダニ退治や鳩対策を」

害獣や害虫被害に悩まされていませんか?

一見可愛く見える鳩やイタチでも、住宅に多大な被害を及ぼしている代表的な害獣達です。住宅は人間だけではなく動物にとっても居心地の良いもので、いつの間にか屋根裏や床下、屋上などに潜んでいる場合があります。共通する点としては糞の被害です。腐臭を漂わすことから住宅全体に異臭がして生活にも支障が出てしまうほどなのです。鳩やイタチ撃退は早急に行なうようにしましょう。

新着情報

迷惑な害虫や害獣を第一位から第五位まで紹介!

no.1

ダニ

ダニは目に見えず、人間の周りにいつでも潜んでいます。部屋の中にとても多く、見た目は綺麗でも数万や数億万なと数え切れないほどのダニが住み着いている可能性があります。ダニは無限に増殖し続けるとともに、数が多くなればなるほど肌に痒みや発疹などができるトラブルが起こります。目に見えないことからとても厄介な害虫の一つともいえるので、早めにダニ退治をしなければなりません。

no.2

キイロスズメバチ

一度ハチは巣をつくると多くの仲間とともに周辺に潜みます。ハチの中でもミツバチが一番安全だといわれていますが、その理由はおとなしいことからすぐに襲ってこないからです。それに比べてキイロスズメバチは警戒心がとても強く、すぐに人間を襲うといわれています。更に毒も強いため、最悪の場合死に至ることもあるのです。

no.3

居心地の良い巣を見つけると、卵を産んで雛が生まれて子育てを終えるまではずっとそこに居座り続けます。また鳩は休憩として住宅を利用することも多く、天敵がこないことから簡単に離れようとしません。自分のテリトリーとしてずっと居続けるため、住民にとってはとても迷惑極まりない害獣です。追っ払ったとしてもまたすぐに戻ってくることが特徴的です。

no.4

アシナガバチ

先程のキイロスズメバチに比べておとなしいといわれていますが、毒はとても強いため一度刺されてしまうと致命傷になることもあります。スズメバチと間違われがちですが、よく見てみると細身の身体で、キイロスズメバチに比べて色が少し黄色の部分が明るいことが特徴的です。

no.5

イタチ

住宅内に住むだけではなく、農作物などを狙って食材を荒らしてしまうことのあるイタチも駆除対象の害獣として指定されています。昼に活動することは少なく、主に夜間の活動をしているといわれています。そのため、屋根裏などでゴソゴソと物音がするときは、もしかしたらイタチである可能性が高いので注意してください。

日常生活に支障が出る害虫や害獣は即座に対策を!

ダニ

ダニ退治は徹底的に行なおう!繁殖を防ぐことが大事

見えないダニはどのくらい繁殖しているか判断するのが難しいですが、手遅れになると大変なことになります。ダニは専門業者にダニ退治をしてもらえるとともに、自分でも退治することが可能です。有効的な方法をするとともに業者に連絡をしてダニ退治をしてもらいましょう。

READ MORE
イタチ

害獣のイタチを撃退して被害を減らす!対策を考えよう

イタチを放置すると被害が少しずつ拡大してしまうので、気づいた時点ですぐに業者に連絡をして撃退してもらいましょう。排泄物のまき散らしで腐臭がすることや、寄生虫によって身体の悪影響を及ぼすなど様々な被害を受けている人達が多いです。

READ MORE
蜂の巣

アシナガバチの巣の駆除は早めに!「命の危険がある害虫」

毒が強いことからアシナガバチは危険だといわれています。アシナガバチの巣の駆除は事前に準備をすれば素人でもできますが、安全のためにプロの専門業者に駆除依頼をしましょう。そうすれば刺されて最悪な事態になることを免れることができます。

READ MORE

[PR]鳩の対策はプロにお任せ!
被害が大きくなる前に相談しよう

[PR]ダニ退治ならプロにお任せ!
全国各地どこでも対応可能☆

[PR]アシナガバチの巣の駆除は専門業者に頼もう
プロが迅速に対応!

[PR]キイロスズメバチの駆除は専門業者に依頼
優良店の情報を詳しく解説!

ダニ退治や鳩対策は早急に行なう!早めの対策が被害を拡大させない

散布機

撃退するためには専門家に相談をする

アシナガバチや鳩対策をすることも肝心ですが、対策や撃退方法を知らない場合はまず駆除を専門としている専門業者に相談をしましょう。害虫や害獣の中でも特に生命の危険に遭う恐れのあるアシナガバチやキイロスズメバチなどは、巣を駆除しなければなりません。キイロスズメバチやアシナガバチの巣を駆除する手順は一通り流れがあります。

防護服を着用して完全防備の状態のまま作業

キイロスズメバチは近づくだけでも襲ってくるため、肌を露出しているとあっという間に刺されてしまいます。そうした危険があることから、必ず防護服を着て作業をする必要があるのです。作業員でも刺されてしまうことがあるので、素人で絶対に駆除をしようとしてはいけません。